海外で評判のダイエット法!「バターコーヒー」の魅力について

海外で評判のダイエット法!「バターコーヒー」の魅力について

Thumb?1414295452 muah♪さん

92

近頃雑誌などで目にするようになった「バターコーヒー」。アメリカでは、この「バターコーヒー」による新しいダイエット方法がセレブの間でも注目されています。そしてその流れから日本でも注目が高まってきています。ダイエットに興味のある方はコーヒーにダイエット効果が期待できることは当たり前かもしれません。しかし、そのコーヒーにバターを加えることの意味はどこにあるのでしょうか。今回は「バターコーヒー」が人気の理由と期待できるダイエット効果について紹介します。

  • バターコーヒーとは何か?

  • バターコーヒーとは何か?
  • バターコーヒーとはその名の通り「コーヒーにバターをいれた飲み物」です。

    使用するコーヒーとバターは良質な物を使用します。

    日本ではまだ知名度は低めですが、お店のメニューとして提供している喫茶店も存在しており、徐々に人気が高まっている飲み物です。
  • バターコーヒーでダイエットとは?

  • バターコーヒーでダイエットとは?
  • バターコーヒーを使ったダイエット方法は、元々はアメリカのセレブ間から始まったといわれています。

    新しいダイエット方法として昨今、注目を浴びています。

    バターコーヒーなんて、カロリーが高そうでむしろダイエットに逆効果な気もしますが、使用する良質なバターによってカラダの変化が期待できるのです。
  • バターコーヒーの発案者が減量に成功している

  • バターコーヒーの発案者が減量に成功している
  • 実はバターコーヒーの発案者自身が、150キロあった体重を100キロまで減量させています。

    バターコーヒーの発案者は、アメリカのIT業界で活躍する起業家のデイヴィット・アスプリー氏です。

    彼自身が起業家として多忙な生活を送る中で、肉体的にも精神的にもパフォーマンスを効率的に上げたいと考えて思いついたものがバターコーヒーです。

    バターコーヒーは、チベットの「バターティー」からヒントを得たといいます。チベットのバターティーは消化を促進し体を温める作用と脂肪を分解する作用などがあるとされています。
  • ダイエットしたいならバターコーヒーはおすすめ

  • ダイエットしたいならバターコーヒーはおすすめ
  • ではバターコーヒーのダイエット効果とはどのようなものなのでしょうか?

    まずコーヒーに含まれるカフェインが体内の器官の働きを活性化して身体のエネルギーの消費量を高めることをサポートします。

    そして、バターコーヒーに使用される良質な無塩バターに含まれる不飽和脂肪酸は肥満の原因の、悪玉コレステロールや中性脂肪を抑えて血流を良くする効果があるとされています。

    さらに、バターは炭水化物を含まないために、血糖値が上がりにくいというメリットもあり健康面でも安心です。

    一般的に太る原因は腸内細菌がシステムを乗っ取り、空腹感を与えて不要なほどの脂肪を体に蓄えさせることによるものです。

    コーヒーとバターの脂肪を一緒に摂ることで、腸内細菌を抑制し、痩せ型の細菌を増殖させることが期待できるのです。
  • バターコーヒーの作り方

  • バターコーヒーの作り方
  • ではここでバターコーヒーの作り方をご紹介します。

    バターコーヒーは作り方を間違えると、ダイエットどころか逆に太ってしまいますので、注意が必要です。

    材料はブラックコーヒーを1カップとバターを10g準備します。

    コーヒーは特に指定はありませんが、出来るだけ良質なものを使用しましょう。
    淹れたてのコーヒーにバターをいれてかき混ぜると簡単にバターコーヒーが完成します。

    その際の重要ポイントとしては、しっかりとかき混ぜることです。

    しっかり混ぜることでバターは分解され、体内に入って効率よくエネルギーに変わります。
  • コーヒーに入れるバター選びに注意!

  • コーヒーに入れるバター選びに注意!
  • バターコーヒーで注意すべきは、バターの選び方です。

    普段使用しているような市販の安いバター、塩分が高いバターは使用しないことです。

    このようなバターを使用すると、カロリーも高くなり、健康にも害を及ぼす可能性があるからです。

    バターコーヒーに適したバターは、「グラスフェッドバター」という、牧草で飼育された牛から摂れた牛乳を使用している無塩バターです。

    このバターには、先ほど紹介した不和脂肪酸が含まれており、探すのに少し手間がかかりますが、「グラフェッドバター」を準備してバターコーヒーを作りましょう。
  • バターコーヒーはいつ摂りいれる?

  • バターコーヒーはいつ摂りいれる?
  • では、バターコーヒーは1日のどのタイミングで摂りいれると効果的なのでしょうか?

    そのタイミングとは、朝です。

    朝に摂った栄養は体に吸収されやすく、体の隅々まで届くので一気に代謝を上げられるのです。

    バターコーヒーを朝に飲むと、代謝が上がって1日中代謝の良い状態をキープできるため、消費カロリーが多くなって体が痩せやすくなるのです。

    また、バターコーヒーは1日1杯を目安に摂りいれましょう。

    バターコーヒーはバターが入っていることで高カロリーな上に、コーヒーのカフェインを摂りすぎると体を冷やし、精神的な不安定を引き起こす恐れがあるので飲み過ぎないように注意することが大切です。
  • まとめ

  • まとめ
  • いかがでしたか?

    バターコーヒーはダイエット以外にも、コーヒーの成分からアンチエイジングの抗酸化作用や脳の集中力も上がることも期待できます。

    実際に試してみて、ダイエットに成功した人も少なくありません。

    コーヒーが苦手な方には難しいですが、材料もコーヒーとバターのみで簡単に準備はできます。

    コーヒーを飲む習慣がある人はダイエットに取り入れてみてはいかがでしょうか。
海外で評判のダイエット法!「バターコーヒー」の魅力について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事