胸を大きくしたい時の方法と効能

胸を大きくしたい時の方法と効能

Thumb?1414295452 muah♪さん

210

胸を大きくしたい、そんな効能を確実に得たいなら美容クリニックでの豊胸がおすすめです。「美容クリニックって手術をするの?それはちょっと怖いかも…」そう思った方も安心してください。胸を大きくする方法は様々あり、本人の希望に沿った方法で胸を大きくしてくれます。どんな方法があるのかご紹介します!

  • 美容クリニックの豊胸の効能

  • 美容クリニックの豊胸の効能
  • 女性の中には胸を大きくしたいと願っている人もいるのではないでしょうか。

    バストアップに効果的とされる運動をしたりサプリを飲んでみても、なんとなく大きくなったような気がするような効能では満足ができないという女性に多く利用されているのが美容クリニックです。

    美容クリニックで行われている豊胸施術にはたくさんの種類があり、美容クリニックで手術するまでは抵抗があるという人でも手軽のできる方法も用意されています。

    日帰り利用で家族にも知られることがなく、ダウンタイムもほとんどないので安心して自然なバストを手に入れることができます。

    自分が希望している方法であっても、医師による診察や検査によって自分にベストな方法を支持してもらうことができるのですが、安全を第一に考えて正しい方法で行われることが重要です。

    どのクリニックで受けるかというのは非常に大切な選択肢であり、口コミも参考にしながら決めるといいでしょう。
  • シリコンバッグの挿入

  • シリコンバッグの挿入
  • とにかく胸を大きくしたいという人にベストな方法として、シリコンバッグの挿入があります。

    美容クリニックではシリコンバッグを挿入する他にも豊胸の方法はありますが、半永久的で特別大きなバストにしたいという場合にも高い効能がある方法です。

    シリコンバッグにはたくさんの種類があり、大きさの他にも柔らかさや形なども選択することができるので、好みに合わせたバストに仕上げてもらうことができます。

    両脇の下を少し切開して入れていきますが、脇の下なら目立たないので傷口が他の人に分かってしまう心配もありません。

    左右のバストの両方に同じものを入れなくても、もともともバストの大きさに差があるのならそれに合わせて両方が同じ大きさになるように仕上げてもらうこともできます。

    手術を行うことになるのでしばらくはダウンタイムに悩まされることがありますが、これから先はもう小さなバストに悩みを抱えることもありません。
  • ヒアルロン酸を注入する

  • ヒアルロン酸を注入する
  • 体にメスを入れて手術してまでバストを大きくしたいとは思わないという女性であれば、ヒアルロン酸の注入が向いています。

    ヒアルロン酸は、顔のシワ治療にも多くの女性に利用されている成分であり、欲しい部分に注射で注入するだけという手軽さもあります。

    アレルギー反応に関しても比較的安心して受けることができる成分であり、自然に体に馴染んでいきます。

    ただし、ヒアルロン酸は徐々に体の中に吸収されて体外に排出されてしまう成分でもあります。

    シリコンバッグを入れた時とは違って効果がずっと維持できるものではないので、定期的にこれからも施術を受けて入れていく必要があります。

    最初は吸収されるのが早いのですが、次第に定着をしてまめに通う必要もなくなってきます。

    ヒアルロン酸による豊胸では、もしも失敗して思っていた通りのバストにならなかったとしても、時とともに元に戻るという安心感があり、再手術をする必要もありません。
  • 自分の血液をバストに入れる

  • 自分の血液をバストに入れる
  • シリコンバッグやヒアルロン酸など、異物をバストに入れてまで胸を大きくすることには抵抗があるというのであれば、自分の血液をいれるという方法もあります。

    まずは血液検査を行って、貧血が生じないかどうかのチェックがされます。
    体の中から抜いても安全な血液の量が計算され、それによってバストに入れることができる量も変わってきます。

    貧血気味の人であれば大きなバストを作るための十分な血液の量を取ることができず、この方法での豊胸は断念せざるを得ないことになる可能性もあります。

    この施術は自分の血液から行われるものであり、貧血検査でひっかかっても他の人の血液を利用するということは行われていません。

    採血の後には特殊な加工が施されて成分が抽出され、それをバストに入れることになります。

    もともと自分の物だったのでアレルギー反応の心配は全くありません。
    注射で成分をバストに入れるだけであり、傷跡と言っても採血と注入の注射針の穴だけになります。
  • 自分の脂肪をバストに入れる

  • 自分の脂肪をバストに入れる
  • 胸を大きくするとともにスリムアップの効能も得ることができる豊胸の方法として、脂肪吸引をプラスした施術があります。

    ウエストやヒップ、太ももや二の腕などの脂肪が気になる部分から脂肪吸引の施術を行い、それを特殊加工してバストに入れることになります。

    脂肪吸引で捨てる分の脂肪を活用することができる方法ですが、施術前には検査をしっかりと行ってから抽出できる脂肪の量が確認されます。

    やせ形の人になれば、バストアップをするだけの脂肪を抽出することができずに別の豊胸の方法を選択し直さなければならないケースもあります。

    脂肪が多くあるという人であっても、シリコンバッグを入れる時のように一気に大きなバストにするまでの量を入れることはできない施術です。

    バストに脂肪を注入する際には注射で入れられますが、脂肪吸引の際には特殊な器具を体の中に入れるので少し切開をする必要があり、外科手術が必要になってきます。
胸を大きくしたい時の方法と効能
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事