植物由来の「ボタニカル歯磨き」で毎日のブラッシングもオーガニックケア

植物由来の「ボタニカル歯磨き」で毎日のブラッシングもオーガニックケア

Thumb?1414295452 muah♪さん

403

オーガニックやボタニカルという言葉を毎日のように聞くようになって久しい昨今、歯磨きにもボタニカルを取り入れる動きが活発です。植物由来の安心成分で日々のブラッシングを気持ちよく、健康的に変える人が増えています。

  • ボタニカル歯磨きってどんなもの?

  • ボタニカル歯磨きってどんなもの?
  • まずボタニカル、とは、ボタニカルガーデンなどという使い方をすることからもわかるように、植物の、とか植物性の、とか植物由来のという意味合いを持ちます。

    ボタニカル歯磨きとはつまり、植物成分を使った歯磨き、と言い換えることができます。シャンプーやボディソープにボタニカルのものを使う人は一昔前から多くなりましたが、意外と気を使えていなかった、オーラルケアにもボタニカルやオーガニックを取り入れる動きが近年増えてきました。

    毎日何度も歯磨きをするのに、おろそかにするのはもったいないです。また、直接口に含むものなので、歯磨きにこだわりを持つことは、健康志向の現代ではむしろ当然と言うこともできます。
    そんな声が増えてきた今、ボタニカル歯磨きへの関心は高まるばかりです。

    たくさんのメーカーから販売されるに至っています。
    今までその重要性に気づいていなかった人でもボタニカルを利用することで健康への自覚がより明確になり、精神的にも安定が得られます。オーガニック歯磨きを使っていると言う意識は、気分を前向きにさせてくれます。

    勿論、気持ちの問題だけではなく、ボタニカル歯磨きを使えば、口の中から健康に近づくことができます。

    健康志向の人がますます増えている現在、ただ値段が安ければ良いというものではなく、安全性を重要視して選ぶ人が多くなってきているので、需要はますます高まっています。

    しかも、たくさんのメーカーから多くの種類が販売されるに至ったおかげで、価格的にも求めやすくなってきました。今まで使っていたものにほんの少しプラスアルファをするだけでボタニカルな商品を使うことができるので、多くの健康志向の人たちを喜ばせています。

    使用感に関しても、クセのある特徴的な味や匂いのものが多かったですが、毎日使うものということを考慮に入れて、使いやすく改良されてきています。すっきりとした磨き心地を残す歯磨きが増え、味や匂いで敬遠する人が少なくなっています。これもボタニカル歯磨きの利用者が増えた一因です。
  • ボタニカル歯磨きの特徴や優れた効果

  • ボタニカル歯磨きの特徴はなんといっても、歯に優しいことです。イメージ的になんとなく優しい成分である事は想像ができますが、実際に中に入っている成分も歯や歯茎にとって良いものです。

    一般的な歯磨きには、実はたくさんの人工物が含まれています。これらがオーガニックの歯磨きには入っていないことが何よりの特徴と言えます。

    まず、ボタニカルの歯磨きには、無理に発砲させる人工的な成分が入っていません。一般的な歯磨きでは、泡立ちを良くするためにいわゆる発泡剤が入っています。

    口の中でぶくぶくと泡が立つことでいかにも汚れが落ちていくようなイメージがあるため、多くの歯磨きにはこれらが入っています。

    しかし、泡立ちの良さと汚れの落ち具合の関係性は、実は深いとは言えません。泡がたくさん立つことで汚れが落ちたような錯覚を受け、磨き残しが生じたり長時間歯磨きをすることを阻害したりする原因にもなってしまいます。

    研磨剤がほとんど含まれないことも、ボタニカルの歯磨きの特徴です。一般的な歯磨きには、汚れをよく落とす洗浄力を高めるため、ほとんどの場合研磨剤が入っています。

    研磨剤は歯の表面についた汚れを落とす効果が高いので、清潔に保つには良い面もある一方、削りすぎて逆に歯を傷めることにもなりかねません。

    また、歯周病などで歯茎が既に傷んでいる場合などは、歯茎に近い部分を削りすぎてしまうと、知覚過敏を引き起こしたりとデメリットも多くなってしまうのは問題です。

    ホワイトニング効果をうたっている歯磨きには、多くの強力な研磨剤が含まれていることが多く、特に注意が必要です。ほぼ不使用のボタニカルなら、そんな心配は不要です。

    人工的な化学薬品が含まれる歯磨きでは、健康に問題がないと言われてはいても、長期間使用するにあたっての不安は拭いきれません。後になって実は健康に良くなかったという成分が出てこないとも限りません。オーガニック、ボタニカルの歯磨きであれば、そういった心配も取り除くことができます。
  • 優れたボタニカル歯磨きの選び方とは

  • ボタニカル歯磨きと呼ばれるジャンルのものが、巷にはたくさん売られています。ボタニカルであれば何でも良いと言う人もいれば、細かい成分にまでこだわって選ぶ人もいます。どうせ選ぶなら、より自分の要求に多くこたえてくれるものを選びたいです。

    そのためにはまず、有効成分を見ていきます。ボタニカルということで、体にとって不安な材料や、界面活性剤等は不使用である点は気をつけたいところです。

    研磨剤も不使用のものを選びたいです。しっかり磨けば汚れはきちんと落とすことができます。無理矢理きれいにすることで歯や歯茎を傷つけることにならないようにするためには、研磨剤に頼らず、丁寧にブラッシングをすることが大切です。

    ただ、最近のボタニカル歯磨きには、研磨成分があるオーガニックの成分を使用したものもあります。
    研磨剤を全く使わないというのが不安なことや、歯が黄ばんでいることを気にする人には嬉しい成分です。
    こういったものを使うことで、若干のホワイトニング効果とオーガニック、ボタニカルの歯磨きを使うという利点を両立させることもできます。

    使用感も大切です。歯磨きである以上、終わった後にすっきりとした爽快感が欲しいところです。
    あまり強力なものでなくても、天然成分で爽やかな磨き心地を味わうこともできるので、ブラッシングの後口がさっぱりするような天然成分を含むものを選ぶのも1つの手です。オーガニックの歯磨きは、独特のクセや匂いがあるものも中には存在するので、口コミなどを通じてチェックし、自分に合うものを探すことも準備として大切です。

    価格も重要な要素です。一般的に1日2回から3回歯磨きで使用することになるので、コストパフォーマンスに優れているのは大きなポイントとなります。無理のない範囲で長く続けられるように、金額面での考慮も必要です。

    価格が高ければ良いというものではありませんが、もたらしてくれる効果と費用面での負担でバランスをとって選ぶ必要があります。

    たくさんある中から選ぶポイントとしては、成分、効果、価格などの要素において自分の中でバランスが取れたものを選ぶことです。
  • ボタニカル歯磨きの使用で得られるメリット

  • 一般的な歯磨きは、歯を白くしたり、歯周病を防ぐ効果が高かったりとそれぞれに特徴を持ちます。人工的な成分を付加することで、ピンポイントで欲しい効果を狙い撃ちすることができます。もちろん、多くの要素を1つの歯磨きで実現するものもあります。

    ただ、その分デメリットがあるのも事実です。口の中に入れるものなので、成分の量が微量でも摂取をしてしまいます。毎日使って長く蓄積されることで、将来健康被害が出ることも考えなければいけません。そういった不安をほんの少しでも抱えながら歯磨きをし、日々を過ごすのは少なからずストレスとなります。

    ボタニカルの歯磨きを使用すれば、それらの不安の多くは一気に解消されます。安心して長く使用することができるというのは、ボタニカル歯磨きを使って歯磨きをする最大のメリットです。

    日々の忙しい生活の中で、ともすれば見落としがちな歯を含めた口の中の健康面を見直すという意味で、ボタニカル歯磨きを使う人も多いです。自然由来のオーガニックなボタニカル歯磨きは、使っていてストレスに感じることがないので、それだけでも利点としては大きいです。

    健康面で言うと、唾液の分泌の面から考えても大きなメリットがあります。本来唾液には、虫歯や歯周病を防ぎ、口の中を健康に保つ自浄作用や、殺菌作用があります。一般的な歯磨きの中には発泡材として合成界面活性剤が含まれることが多く、必要な唾液まで取り除いてしまう可能性があります。行きすぎるとドライマウスによる口臭や病の元になってしまいがちです。

    ボタニカルであればこういった心配はありません。口の中の唾液を流しすぎたり、分泌を抑制したりしないので、適度な唾液で口の中の健康を守ってくれます。

    泡立ちが良くないことも、メリットとしてとらえることができます。一般的な歯磨きと違って、きれいになったつもりという勘違いをしにくいので、隅々まできちんとブラッシングを怠らずできるという面があります。

    時間をかけて優しくブラッシングをすることで、磨き残しがない歯磨きが可能です。
  • 使用する上での注意点など

  • ボタニカル歯磨きを使用する上で、気をつけなければならないことがあります。

    まず理解しなければならない事として、一般的な歯磨きと違い、即効性が認めにくいという点が挙げられます。

    人工的な成分をたくさん使用することで、例えば歯を白くするホワイトニングの効果を高めたり、知覚過敏を和らげたりと、効果が出るまでの時間を操作しやすい面があります。ボタニカルの場合は、植物の自然な力で歯を綺麗にしていくという考え方なので、そういった効果をすぐに感じる事は難しいです。

    泡立ちが良くないというのもデメリットと言えばデメリットです。ぶくぶくとよく泡立つ歯磨きを使い慣れてしまうと、植物由来のボタニカルのものに変えた時に物足りなさを感じることがあります。

    よく歯磨きをした気がしないという意見や口コミを見ることがありますが、慣れないうちは確かにこういった感覚を抱く事は少なくありません。

    ただ、しばらく使っていると慣れてきます。逆に、泡立ちすぎないことで、しっかりと磨けるメリットに変換することができます。

    今まで通りの歯磨きの仕方では、歯に着色が目立つことがあります。
    研磨材を豊富に配合している歯磨きを使い慣れてしまうと、短時間で歯を白くすることが当たり前になってしまいます。

    その感覚でボタニカルを使用した場合、少し歯が黄ばんできたと感じることがあります。ただこの場合、しっかり時間をかけて優しくブラッシングをすれば、着色を防ぐことはできるので心配はいりません。

    ブラッシング圧にも気をつけなければなりません。しっかり時間をかけて歯を磨くことに慣れてきても、ブラッシングをする圧が強すぎると、歯茎を傷めてしまうことにつながります。歯ブラシは軽く歯や歯茎に当てて動かす程度で充分です。

    歯ブラシの柄をガッチリと掴んでゴシゴシ力を入れるのではなく、指先で軽く持って力を入れずに動かせば、きちんと汚れは落ちます。これは一般的な歯磨きでも同じですが、時間をかけて磨くためには、特に気をつけなければならない注意点です。
  • ボタニカル歯磨きの商品例

  • いくつか具体的な商品例を見ていきます。

    ビューティーボタニカルトゥースペーストは7種のオーガニック成分が配合されており、使用感が良いのが特徴です。

    天然成分であるシリカを配合しており、優しくホワイトニング効果を得ることができます。
    一般的の研磨剤では歯や歯茎を傷つけてしまう可能性がありますが、シリカであれば、粒子も細かくそのリスクは極めて少ないと言えます。

    清涼感があり磨き終わったらスッキリとします。ただ刺激は強すぎず、歯や歯茎に優しいところがポイントです。

    ティースラボボタニカルホワイトプレミアムは、ボタニカルでありながら着色汚れを除去し、口を清潔に保つ効果が高い商品です。樹木から採取される成分を使用することで、口臭を抑える効果もあります。

    植物成分を独自に配合することで、歯を薄くコーティングするような効果を得ることにも成功しています。価格も求めやすいので、負担が少なく使えます。

    チューブのデザインも見た目に可愛らしく、一般的な歯磨きのようないかにもという感じがありません。使っていて気分が良くなるようなビジュアルで女性に特に人気が高いです。

    クーラ歯磨きジェルは、体に悪影響を及ぼす可能性のある成分を一切使っていません。発泡剤フリーで、じっくりと歯を磨くことに集中できます。

    歯磨きをした後飲料をしても、独特の変な味がしないのも嬉しいです。合成香料、合成着色料も一切不使用の安心成分です。植物由来のヒマシ油には天然のホワイトニング効果があり、汚れをやさしく浮かせて取り除くことで、白く美しい歯をキープします。

    ハッカ香料もオーガニックのものを使用しており、口の中を程良い爽快感が包みます。ヒノキの抗菌成分が多く含まれており、自然の浄化力で口の中を清潔に保ってくれます。

    ネット等を通じて探せば、この他にも、ボタニカル歯磨きを見つけることができます。自然の力で歯や口の中を清潔に保ち、ストレスなく歯磨きができるこれらを使って、気持ちよく歯の健康を守りたいです。
植物由来の「ボタニカル歯磨き」で毎日のブラッシングもオーガニックケア
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事