保湿や美肌を目指すなら天然由来ボディソープ

保湿や美肌を目指すなら天然由来ボディソープ

Thumb?1414295452 muah♪さん

385

一般的なボディソープは洗浄力が高いゆえに肌の弱い方には合わない場合がありますので、そのような方には低刺激の天然由来ボディソープが適しています。
しかし、正しい知識を身に付けなければ、思わぬトラブルを招くこともありますので、注意してください。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • ボディソープと天然由来ボディソープの違い
  • 天然由来ボディソープの効果と特徴
  • より安全な天然由来ボディソープ
  • 天然由来ボディソープを使う利点
  • 天然由来ボディソープを使う際の注意
  • 人気の天然由来ボディソープ
  • ボディソープと天然由来ボディソープの違い

  • ボディソープと天然由来ボディソープの違い
  • 日本人の多くは毎日お風呂に入って、石鹸やボディソープで体を洗いますが、やはり毎日のことですので、汚れを落とすことはもちろんですが、安全性や機能性にも注目をしたいところです。

    そんな中で近年注目度がアップしているボディソープがあります。

    それは天然由来ボディソープで、その名の通り天然由来成分を使用して作られたボディソープのことで、非常に安全性が高いことでも知られています。

    そもそも天然由来成分とは、自然界に生育している植物から抽出できるエキスやオイル、さらには海藻や動物などから抽出されるエキスやオイルなどの成分のことで、様々な栄養素が含まれている成分になります。

    一般的なボディソープの多くは化学合成された成分が含まれていることが多いのですが、肌のトラブルを招く原因の多くが、この化学合成された成分が原因となっています。

    ですので、敏感肌の方やアレルギー症状を持っている方が使用してしまうと、肌がヒリヒリしたり痒みが出てしまうなどのトラブルを引き起こす恐れがあります。

    また普通肌の方であっても、化学成分が含まれているボディソープを使い続けることで、肌が敏感肌や乾燥肌に代わってしまったり、場合によってはアレルギーを引き起こしてしまう可能性もあります。

    中でも肌に強いダメージを与えてしまう成分としては石油系界面活性剤になります。

    この石油系界面活性剤は油汚れに対して強い効果を持っているのですが、それがかえって肌の保湿や保護に欠かすことのできな皮脂を取り除いてしまいます。

    人間の体は皮脂や角質といった脂を分泌していて、これが多すぎると臭いが強くなったり、肌がべたつくなどのトラブルが起こります。

    ですので、体を洗う際にはこの皮脂や角質を取り除くことが大切ではあるのですが、それと同時に皮脂や角質には体の保湿力を保つ為にはある程度の量が残しておく必要があります。

    しかし、強すぎる洗浄力を誇る石油系界面活性剤では、保湿する為に欠かすことのできな皮脂や角質まで落としてしまい、その結果乾燥肌や敏感肌、アレルギー肌になってしまうという事です。

    この天然由来ボディソープには、この石油系界面活性剤が含まれていない為、余分な汚れは落としつつも、必要な皮脂などは残して肌の保湿効果を保ってくれる働きがあります。
  • 天然由来ボディソープの効果と特徴

  • 天然由来ボディソープの効果と特徴
  • 天然由来ボディソープには石油系界面活性剤を始めとする化学合成された成分が含まれていない為、肌に対して優しいという事はお伝えをしましたが、そもそも天然由来とはどのような成分なのでしょうか、見ていきましょう。

    天然由来はオーガニックなどとも呼ばれる成分のことですが、これは世界各国に点在している300を超える認定機関が厳しい基準を基にして審査をして、それにクリアした成分だけが名乗ることのできるものです。

    そんな認定機関が定める基準としては、3年間以上の間その土で農薬や化学肥料を使用していないことや、化学合成農薬や化学肥料などを原則として使用していないこと、合成添加物を使用していないこと、遺伝子組み換え原材料を使用していないことなどの条件があります。

    そんな厳しい条件下で育ったものだからこそ、肌にも優しい成分として幅広い方にお使いいただけるのですが、天然由来ボディソープには他にも様々な特徴があります。

    一般的なボディソープには石油系界面活性剤が含まれていて、その効果によって肌の保湿力が低下したり、様々なトラブルを招いてしまいます。

    そんな石油系界面活性剤を使用していないことでも、肌の保湿力を保つことができるのですが、それだけではなく天然由来成分が持つ栄養素によっても美肌に導いてくれる効果があります。

    これは配合されているエキスやオイルの種類によっても異なるのですが、ビタミンが豊富な成分もあれば、アミノ酸やオレイン酸、コラーゲンなど様々な成分があります。

    そして、どのエキスやオイルには複数の栄養素が含まれている為、様々な効果が得られることはもちろん、1つのボディソープに対して複数の天然由来成分が含まれているものがほとんどですので、そういった点においても幅広い美容効果や美肌効果を得られることになります。

    この配合されている天然由来成分の種類によって得られる効果も異なるという点は、言い換えればどんな方であっても自分の肌に合った天然由来ボディソープを見つけられるという事でもあります。
  • より安全な天然由来ボディソープ

  • より安全な天然由来ボディソープ
  • 天然由来ボディソープには様々な効果があり、安全性も非常に高いことから注目されているのですが、どんな商品であっても安全なのかというと、必ずしも安全であるとは言えないのです。

    確かに厳しい基準を基に育った成分が肌にも低刺激で安全性が高いのですが、このオーガニックなどの表示には、注意しなければならないポイントがあります。

    それは、1つの商品に対して配合されている成分の1つでもオーガニックの基準をクリアしていれば、その商品はオーガニックや天然由来を名乗ることができてしまうという事です。

    例えば商品のパッケージや紹介文にオーガニックや天然由来という言葉が含まれていたとしても、それは化学成分が含まれていないという事にはならないという事です。

    そのことを知らないまま使用してしまうと、思わぬトラブルを招いてしまう事がありますので、正しい方法でより安全な天然由来ボディソープを見分けるようにしてください。

    具体的な見分け方ですが、それは成分表示を確認して化学成分が含まれていないかを調べることです。

    とは言っても、どの成分を避ければ良いのか分からないという方も多いので、特に避けた方が良い成分をお伝えしていきます。

    まずは、石油系界面活性剤は洗浄力が強すぎるため避けた方が良いですが、この石油系界面活性剤のほとんどに「ラウリル」や「硫酸」といった言葉が含まれています。

    この2つの言葉を避けるようにするだけで、ほぼ全ての石油系界面活性剤を避けることができますので、比較的簡単に見分けることができるでしょう。

    防腐剤や酸化防止剤も避けた方が良い成分ですが、防腐剤は商品の使用期限を延ばすために使用していますので、使用期限が長いボディソープには防腐剤が含まれている可能性があります。

    逆に使用期限が短ければ防腐剤は含まれていないでしょう。

    酸化防止剤は「BHT」と「BHA」という2つの成分に注意すれば避けることができますので、これらの成分が含まれているボディソープは天然由来などの表示がされていても避けた方が無難です。
  • 天然由来ボディソープを使う利点

  • 天然由来ボディソープを使う利点
  • 天然由来ボディソープには石油系界面活性剤などの化学成分が含まれていないことによって肌の保湿力と維持したり、美肌を保つことができるメリットがあるのですが、最大のメリットはその部分ではありません。

    天然由来ボディソープに使用されている成分には数多くの種類が存在していて、それぞれの成分には肌の保湿力を維持するだけではなく、保湿力を高めたり美肌に導いてくれる成分が数多く存在しています。

    例えば、良く用いられている天然由来成分の1つにアルガンオイルと呼ばれる成分がありますが、このアルガンオイルにはオレイン酸やビタミンEといった栄養素が含まれています。

    この2つの成分は抗酸化物質と呼ばれる成分で、人間の体にはストレスや生活習慣の乱れなど様々な理由によって、活性酸素と呼ばれる錆のようなものが発生します。

    その活性酸素は風邪やアレルギー症状、さらには癌などの命にかかわる重大な病気まで人間が発症する約90%もの病気に関わっているとも言われています。

    またシミやしわ、たるみといった美肌に大敵な症状も活性酸素の影響が大きいと考えられているのですが、この活性酸素を除去する働きがあるのがオレイン酸やビタミンEといった抗酸化物質になります。

    ですので、毎日のお風呂で体を洗うだけで汚れを落とすことはもちろんですが、肌に潤いを与えて保湿力を高めたり、肌のシミやしわ、たるみの原因となっている活性酸素を除去することもできるメリットがあります。

    このような効果は配合されている天然由来成分によっても異なりますが、他にも人気の成分としてはホホバオイルやココナッツオイル、アーモンドオイルなどがあります。

    ホホバオイルには、主成分であるワックスエステルという成分が含まれているのですが、このワックスエステルという成分は保湿を促す皮脂の代わりとなって肌表面を膜で覆って保護してくれます。

    ですので、元々皮脂の分泌量が少ない乾燥肌や敏感肌の方にも適したオイルとなっていて、幅広い方を美肌に導いてくれます。

    このように天然由来成分の数は豊富で、それぞれが違った特徴や効果がある為、一人ひとりの肌に合った成分が見つけられる点も大きなメリットとなっています。
  • 天然由来ボディソープを使う際の注意

  • 天然由来ボディソープを使う際の注意
  • 天然由来ボディソープは低刺激となっている他、それぞれの成分が持っている美容効果によって保湿力アップや美肌を目指せることなど様々なメリットがありますが、万能なようにも見える天然由来ボディソープのデメリットはどのような部分なのでしょうか。

    何度もお伝えをしている通り、刺激の強い石油系界面活性剤が配合されていないものが多いのですが、この部分がデメリットとなる部分を生んでしまっています。

    確かに洗浄力の強い石油系界面活性剤が含まれていなければ、肌へのダメージが少なくなりますが、それと同時に泡立ちが悪くなるというデメリットもあります。

    一般的なボディソープを使い慣れてしまっている方にとっては使いにくいと感じたり、しっかりと洗えていないのでは感じてしまう事があります。

    それだけで済めば何の問題もないのですが、これによって通常よりも多い量のボディソープを使ったり、洗う時間が長くなったり、力加減が強くなってしまうなど様々な方法で対処しようとしてしまいます。

    確かに肌に対して刺激が少ない成分ではありますが、使用量を間違えたり使う時間が長くなってしまうと美肌を目指すどころか、かえって肌に思わぬ影響を及ぼす可能性も否定できません。

    また、力加減が強過ぎてしまえば、保湿に必要な皮脂をそぎ落としてしまいますので、せっかく洗浄力の弱い天然由来ボディソープを使用している意味がなくなってしまいます。

    大切なことは、そもそも石油系界面活性剤を使用していないのだから泡立ちが悪いものだという事を理解して、その上で用法用量をしっかりと守ることが重要です。

    また天然由来成分のオイルは酸化しやすい性質がありますので、使用後はその成分が酸化したり蒸発してしまわないようにケアすることも必要です。

    お風呂上りには、すぐにクリームなどを塗って栄養素が逃げないように蓋をして保護するようにしてください。

    これらを守ることで、肌の保湿力を高めたり、潤いのある肌にすることができますので、美肌を目指している方は怠らないようにしてください。
  • 人気の天然由来ボディソープ

  • 人気の天然由来ボディソープ

    出典: net.pola.co.jp

  • 天然由来ボディソープと一言で言っても、各メーカーが発売をしていますので、初めて利用される方はどれを買えばよいのか迷ってしまいます。

    ここでは人気の商品をご紹介していきますが、まず最初にご紹介するのは「ポーラ アロマエッセゴールド」になります。

    このボディソープはゴールデンカモミール、マリーゴールド、ゴールデンシルク、ゴールデンホホバオイルの4種類の成分を配合したボディソープになっています。

    この4種類の成分は保湿力が高いことでも有名で、しっとりと滑らかな洗い心地が特徴のボディソープになります。

    内容量としては460mlとなっていて、価格は1,990円と少々割高ではありますが、その高い保湿力は他のボディソープにはない保湿力で、美肌を目指している方に適した商品です。

    次にご紹介するのは「ケアセラ 泡の高保湿 ボディウォッシュ」になります。このボディソープは商品の名前にもある高保湿を誇るボディソープとなっています。

    7種類のマルチセラミドと3種類の植物エキスを配合していて、これらの成分が美肌に欠かすことのできないセラミドは保護しつつ、汚れだけを落とすことを可能にしました。

    内容量としては450mlとなっていて、価格は679円と比較的安価ですので、初めて天然由来ボディソープを購入する方でも手に取りやすい価格となっています。

    次にご紹介するのは「マジックソープ ベビーマイルド」で、全米のナチュラルソープ部門では16年連続でナンバーワンに輝いている人気商品になります。

    100%天然由来であるオリーブオイルとヤシオイルをベースとしていて、他にも美容成分や美肌成分として効果の高いヘンプオイルやホホバオイルも独自の比率で配合をしているボディソープとなっています。

    アロマの香りも非常に豊かな香りで、フレーバーの配合量は11種類にも及びます。内容量としては472mlとなっていて、価格は1,000円となっています。

    この他にも各メーカーが研究に研究を重ねて配合された天然由来ボディソープがありますので、自分に合った商品を探してみてはいかがですか。
保湿や美肌を目指すなら天然由来ボディソープ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事