乾燥肌をやさしく洗い上げる植物由来のボタニカルボディソープ

乾燥肌をやさしく洗い上げる植物由来のボタニカルボディソープ

Thumb?1414295452 muah♪さん

283

乾燥肌の人は、少しの刺激でも皮膚トラブルを起こす原因になります。刺激の原因は様々ですが、毎日何気に使っているボディソープもその一つになっているかもしれません。
そこで、乾燥肌の方には植物由来の低刺激ボタニカルボディソープがおすすめです。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • ボタニカルボディソープとは?
  • ボタニカルボディソープの特徴とその効果
  • ボタニカルボディソープを見分けるには?
  • ボタニカルボディソープのメリット
  • ボタニカルボディソープで副作用は起こる?
  • おすすめボタニカルボディソープをご紹介!
  • ボタニカルボディソープとは?

  • ボタニカルボディソープとは?
  • ここ数年で「ボタニカル」という言葉は広く浸透してきており、スキンケア商品や化粧品、食品、洋服など様々な商品にボタニカルという言葉を目にします。

    そもそも「ボタニカル」とは、一体どういう意味なのでしょう?

    ボタニカル(Botanical)とは、「植物の・植物性の」という意味があります。

    ボタニカル商品の多いスキンケア製品においては、「植物性の・植物由来の」という意味合いで使用されています。

    肌に直接触れるスキンケア製品や洗剤などには、一般的に石油系合成添加物が多く含まれています。

    例えば、汚れを落とすために必要な界面活性剤には石油系界面活性剤が使用され、品質を安定させ長く利用できるように防腐剤や酸化防止剤などが使用されています。

    また、見た目や香りも良くするために合成着色料や合成香料なども含まれています。

    これらの添加物は全て石油が原料となった合成添加物であり、高い効果を得られる反面、肌への刺激や人体への影響が問題となっています。

    乾燥肌の人は、皮膚内部の水分が蒸発したことで表皮がカサカサになり、一部がめくれた状態になっています。

    水分が十分に保たれた状態では、肌のバリア機能が正常に働くため紫外線などの外的に刺激にも耐えることができます。

    しかし、乾燥肌では皮膚がめくれあがっているため、その間から刺激物質が容易に侵入することができてしまいます。

    これによって刺激が真皮にまで到達してしまい、痒みや腫れ、湿疹、などのトラブルが生じるのです。

    毎日使用するボディソープには、多くの石油系合成添加物が含まれているため、弱った乾燥肌を更に刺激で痛めつけることになるのです。

    ですが、まさかボディソープが刺激になっているとは気付かないので、使い続けてしまうことが多いです。

    これでは、乾燥肌を改善させることは難しく、逆に症状を悪化させる要因にもなり兼ねません。

    また、石油系合成添加物は、体内に蓄積されることで発がんリスクを高めるとされる有害物質でもあります。

    そのため、直接肌を洗うボディソープにも気を遣う必要があります。

    敏感な乾燥肌の方におすすめなのが、植物由来成分で洗い上げるので肌への刺激が少ない「ボタニカルボディソープ」です。
  • ボタニカルボディソープの特徴とその効果

  • ボタニカルボディソープの特徴とその効果
  • ボタニカルボディソープの特徴は、配合している成分のほとんどが植物由来成分で作られているボディソープです。

    植物由来成分とは、植物が持つ有効成分を抽出し、様々な加工製法を用いて目的に合わせて作られた有効成分のことです。

    「植物由来」には、植物からの抽出方法や有効成分への加工製法の仕方に決まりがなく、また製品にどのくらい配当されているかという割合にも制限がありません。

    これはボタニカルも同様で、商品に「ボタニカル」という言葉を入れるための一定条件などは定められていません。

    そのため、同じボタニカルボディソープでも、商品によってその配合割合や抽出方法、加工製法などが異なっているのです。

    植物由来成分が多いボディソープには、乾燥肌には強い刺激となる石油系界面活性剤やその他の石油系添加物は配合されていないいものが多いです。

    逆に、界面活性剤に植物由来の成分を配合していても、防腐剤や着色料、香料などの添加物は石油系に頼っている製品もあります。

    このような現状から、植物由来成分の配合割合が高く添加物に石油系合成成分を使っていないものが、本物のボタニカルボディソープだと言えます。

    本物のボタニカルボディソープを使うことで、乾燥肌への刺激が低くなり症状の悪化を防ぐことができます。

    またボディソープによっては、天然の保湿成分であり多くのスキン化化粧品に使用されているグリセリンや、ヒアルロン酸、コラーゲンなどが配合されているものもあり、こうしたボディソープを使うことで洗い上がりに起こりやすい肌の水分蒸発を抑え、皮膚内部に水分を補う効果が得られます。

    従って、本物のボタニカルボディソープを使い続けることで、肌の乾燥を抑えながら現在の症状を改善させる効果が得られるのです。

    更に、石油系合成添加物が含まれていないので、成分蓄積による人体への悪影響も抑えることができます。

    そのため、乾燥肌や敏感肌の方はもちろん、皮膚が薄い小さなお子さんにも安心して使用することができます。
  • ボタニカルボディソープを見分けるには?

  • ボタニカルボディソープを見分けるには?
  • ボタニカルボディソープとその他のボディソープとを見分けるには、一体どうすれば良いのでしょうか?

    スーパーやホームセンターなど、様々な店舗で販売されているような一般的なボディソープは、比較的安価で購入できるものがほとんどです。

    このようなボディソープは、大量生産が可能であることから価格もリーズナブルに設定されています。

    なぜ、大量生産が可能なのかというと、使用している成分のほとんどが「石油系合成成分」であるからです。

    安定した量を確保できる石油が原料となっており、加工もしやすいことから石油系の添加物は、界面活性剤をはじめ防腐剤や香料、着色料など様々な成分に加工されています。

    従って、植物由来のボタニカル製品を見分けるには、ボディソープの裏面に記載されている成分名を確認すると確実です。

    成分名に石油系の合成添加物が書かれていた場合には避けるようにしましょう。

    石油系の合成添加物はとても種類が多いです。その中でも、特に界面活性剤に使われているものは避けなければなりません。

    石油系界面活性剤の種類には、「ラウリル硫酸ナトリウム」・「ラウレス硫酸ナトリウム」・「直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム」などがあります。

    また、その他の石油系添加物には、「パラベン」・「鉱物油」・「フェノキシエタノール(酸化防止剤)」などがあります。

    このような成分が配合されているものは避けるようにしましょう。

    植物由来成分が豊富に含まれたボタニカル製品には、合成界面活性剤でも植物から抽出した成分で作られた天然系合成界面活性剤が使用されています。

    例えば、石けん素地(カリ石ケン素地)・ラウリン酸ナトリウム(ヤシ油由来)・ショ糖脂肪酸エステル・アシルグルタミン酸・ラウロイルメチルアラニンナトリウムなどがあります。

    これらの合成界面活性剤は、石油を原料としていないので肌への刺激も少なく、また人体に有害成分が蓄積されることがありません。

    植物由来成分が豊富に配合されているボタニカル製品には、表面に「植物由来成分○○%配合」などと書かれているものがあります。

    裏面を確認し、更に成分の配合割合を確認すると、より確実にボタニカル製品を見分けることができます。
  • ボタニカルボディソープのメリット

  • ボタニカルボディソープのメリット
  • ボタニカルボディソープを使用することで、どのようなメリットが得られるのでしょうか?

    このボディソープには、乾燥肌の方をはじめ様々な肌質の方にもメリットがあります。


    ①肌質を維持または改善することが可能

    植物由来成分を多く配合し、石油系合成添加物を使用していない本物のボタニカル製品を使うことにより、健康肌の方は十分な水分量を蓄えたキメの細かい肌を維持することができます。
    また、乾燥肌の方は弱った肌に刺激を与えることなく優しく洗い上げることができるので、現在の皮膚状態を悪化させずに済みます。
    さらに、保湿力の高い製品を選ぶことで使い続けていくうちに、乾燥肌を改善することが可能です。


    ②肌トラブルを予防できる

    乾燥肌の方の他に、アレルギー体質の方や皮膚の薄いお子さんなどは、刺激の強いボディソープを使うことで配合されている成分の刺激で、肌に痒みが起こったり発疹やかぶれなどの皮膚トラブルを起こす可能性があります。
    ボタニカル製品を使用することで、刺激の少ない成分が敏感な肌をやさしく労りながら洗い上げるので、皮膚トラブルを予防することができます。


    ③簡単に洗い流せる

    ボタニカルボディソープは、石油系界面活性剤のように強い洗浄力で汚れを落とすのではなく、きめの細かな泡でやさしく洗うことで汚れを効果的に落としていきます。
    そのため、体を洗う前にはボディソープを十分に泡立てる必要があります。
    このひと手間が、皮膚をやさしく労り洗い上がりの乾燥を防いでくれます。


    石油系に頼らず、洗浄成分にこだわって作られているものがほとんどであり、その泡は肌に優しいのに汚れはしっかりと落とします。

    また、一度のすすぎでサッと落とすことができ、洗い上がりはさっぱりとして爽快感を得ることができます。

    石油系界面活性剤を使用したボディソープでは、簡単なすすぎだとボディソープが残ってヌルヌル感を感じることがありますが、ボタニカル製品ではそのようなことはなく、一度のすすぎでサッと洗い流すことができます。
  • ボタニカルボディソープで副作用は起こる?

  • ボタニカルボディソープで副作用は起こる?
  • ボタニカルボディソープで副作用などが起こることはあるのでしょうか?

    植物由来成分を配合したボタニカル製品は、全てが石油系の合成添加物を配合していないわけではありません。

    そのため、「ボタニカル製品=安全」とは言い切れないのが現状です。

    ボタニカル製品でも石油系合成添加物を配合しているものは多くあります。

    例えば、洗浄成分には低刺激の天然系合成界面活性剤を使用しているが、防腐剤にパラベン(パラオキシベンゾエート)を使用しているものなどもあります。

    このようなボディソープを使用すると、肌が敏感な方には痒みやかぶれなどのアレルギー症状を引き起こす可能性があります。

    また、化学物質に敏感な方には動悸や頭痛、吐き気などの副作用を引き起こす危険性もあるため、注意が必要となります。

    石油系界面活性剤は、刺激が強いだけではなく皮膚内部への吸収率が天然系成分よりも高いという特徴があります。

    さらに強い効力によって人体に吸収されると体外に排出されずに、その場にとどまり続けるという性質もあります。

    そのため、長い期間使用することで徐々に有害物質が体の中に溜まっていくことになり、やがてその物質は様々な細胞を刺激して、がん細胞へと変化させてしまいます。

    子供の頃からこのようなボディソープを使い続けるということは、大人になってからの健康面が非常に心配されます。

    従って、「ボタニカルと書かれているから安全だ!」と信頼しきるのは避けましょう。

    ボタニカルボディソープを選ぶ際の注意点としては、裏面の成分欄を確認して「植物由来成分のみ」で作られたものかを確認します。

    更に由来成分の配合割合がより100%に近いものを選びましょう。

    商品の中には「植物由来成分100%配合」というものもあるので、そのような商品を選ぶと効果的です。

    本物のボタニカルボディソープを選ぶようにすれば、肌への刺激を抑えることができるので副作用を起こすことがなく、また人体への悪影響を防ぐことができるので、お子さんにも安心して使用することができます。
  • おすすめボタニカルボディソープをご紹介!

  • おすすめボタニカルボディソープをご紹介!

    出典: www.moist-diane.jp

  • ボタニカルボディソープの中で、乾燥肌の方でも安心して利用できる、おすすめ商品をいくつかご紹介します。


    【モイスト・ダイアン オイルインボディソープ】

    このボディソープは、実に成分の100%が植物由来成分から作られています。
    14種類の植物オイルを配合することで、高い保湿効果を発揮して肌の乾燥を効果的に防ぎます。
    また、どのエキスもレアオイルであり、使い続けることで美肌効果も得られます。
    洗浄成分には、弱アルカリ性の石けん洗浄成分を使用しているので、肌にも優しいです。
    石油系洗浄剤・鉱物油・着色料・アルコール・シリコン・動物由来原料は一切使用していないので、アレルギー体質の方も安心です。
    内容量は500mlで、価格は905円(税込み)となっています。
    インターネット通販でも広く販売されているので、よりリーズナブルに購入することも可能です。


    【Animo Care(アニモ・ケア)全身シャンプー】

    このボディソープは、洗浄成分と香料に植物由来100%の成分を配合した、安心無添加ボタニカル製品です。
    石油系界面活性剤・硫酸系界面活性剤・スルホン系界面活性剤を不使用の他、シリコン・鉱物油・合成香料・合成着色料・パラベンも一切使用していないので、小さなお子さんにも安心して使用できます。
    内容量は950mlで、価格は3,456円(税込み)です。
    インターネット通販では送料無料で購入も可能です。


    【MOISTSKIN(モイストスキン)ボディシャンプー】

    このボディソープは、日本人が古来より親しんできた大豆や米ぬかなどの発酵成分を配合した、ボタニカル発酵ボディソープです。
    発酵成分は食べるだけでなく、肌にも高い保湿効果を与えてくれます。
    このボディソープはその保湿成分を使って優しく洗い上げます。
    洗浄成分は植物由来の石けんベースとなっているので、肌に刺激が少なく使い続けることで、乾燥肌も効果的に改善させることが可能です。
    内容量は500mlで、価格は2698円(税込み)となっています。
    購入はインターネットのみで、メーカー直亭ショップのみの取り扱いとなります。
乾燥肌をやさしく洗い上げる植物由来のボタニカルボディソープ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事